フリーランスの働き方のタイプ

フリーランスの働き方のタイプ

当サイトでご紹介している「案件サイトランキング」は、「独立系」と「副業系」というジャンルに分かれています。フリーランスの働き方は、企業に所属しないで働く「独立系」と企業に所属しながら別の仕事も平行してもつ「副業系」の2つに分かれています。どちらのタイプの働き方にもメリット・デメリットが必ずあるので、自分がどちらのタイプのフリーランスを目指したいのかについて、ここでじっくりと考えてみるようにしましょう。

フリーランスの働き方のタイプの記事一覧

  • 企業や組織に属さない独立系

    企業や組織に属さない独立系

    企業や組織に所属せず、個人で仕事を請け負うのが独立系フリーランスです。ひとつの職種だけでなく、複数の職種を使い分けながら働くフリーランスもいます。独立系フリーランスのメリットには、自由に働けることや人間関係のストレスが軽減されることがあり、一方のデメリットには、煩雑な手続きが増えることや、責任がより重いものになることなどがあります。フリーランスになるならば、メリットとデメリットをしっかり精査しておくようにしましょう。

  • 話題の副業で稼ぐパラレルキャリア

    話題の副業で稼ぐパラレルキャリア

    最近会社員の間で話題のパラレルキャリアは、フリーランスが増えていることの一因でもあります。副業を持つことを意味するパラレルキャリアは、会社員が会社で経験できないことを経験したり、スキルアップしたりするのに役立つだけでなく、視野や人脈を広げるいいきっかけにもなります。パラレルワークのデメリットは、自己管理の難しさです。自己管理の方法が良くないと、会社や周囲の人に迷惑をかけてしまうことになりかねません。

ページTOPへ