ネット環境さえあれば出来るクラウドソーシング

ネット環境さえあれば出来るクラウドソーシング

フリーランスなら知っておきたいのがクラウドソーシング。このページでは、その特徴についてご紹介します。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

クラウドソーシングって?

クラウドソーシングって?

クラウドソーシングという言葉は造語で、日本語で群衆を表わす「crowd」と業務委託を表わす「sourcing」をかけ合わせています。具体的には、インターネット上で仕事の受発注ができるサービスということ。パソコンと通信環境さえあればどこでもできるので、自宅はもちろん日本から外へ出たって仕事ができてしまう便利なサービスです。家庭の事情などで外で働けない人が自宅で仕事をしたり、学生がスキマ時間を使ってお小遣い稼ぎをしたりと、いろんな環境下にある人々が働くチャンスを手に入れています。
クラウドソーシングを利用する人は年々多くなっていて、働き方の新たな選択肢として認知されつつあるところです。

企業とフリーランスの距離が近づく

派遣社員と契約することはあっても、企業が見知らぬフリーランスに仕事を発注するなど、かつてならほぼあり得ない話でした。しかし、今では企業と個人がインターネットで仕事の受発注を気軽に行うようになっています。クラウドソーシングなら、不特定多数のフリーランスに向けて依頼を出すこともできますし、特定のフリーランスに向けてダイレクトに依頼することもできます。面倒な契約手続きはないし、支払いはクラウドソーシングを経由するしということで、匿名で仕事を受注することすらできてしまうんです。

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングのメリットは、なんといっても自宅にいながら仕事ができることです。「それさえできれば働ける!」という人も多いのではないでしょうか。子育てや介護などの関係でどうしても外で働けない多くの人が、クラウドソーシングを使って働いています。仕事の選択肢も豊富で、システム開発やホームページ制作、アプリ開発、デザイン、ライティング、翻訳など多種多様。自分のスキルや好みに合った案件にチャレンジできるのが魅力です。
クラウドソーシングは誰もが手軽に利用できるシステムになっていることから、ちょっとお小遣い稼ぎをしたい会社員が夜1〜2時間とか、休日の半日をクラウドソーシング経由の仕事に費やして、それだけで1ヶ月に10万円以上稼いでいるという人もいるんです。どれだけやるかは自分次第なので、収入をコントロールしやすいのもいいですよね。
フリーランスを本業にすることが最終目標という人が、まずはクラウドソーシングで手応えを掴むまで頑張るといった使い方もおすすめです。フリーランスになってから、空いた時間を有効活用するためにクラウドソーシングを活用するのもアリ。どちらにしても、フリーランスを意識するならぜひチェックしておきたいサービスです。

ページTOPへ